flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

マリア・ジョアン・ピリスさん

Categoryart * 芸術 concert * 鑑賞
pires.jpeg
(C)Felix Broede

CIMG5220.jpg

CIMG5262.jpg
今日はマリア・ジョアン・ピリスさんのリサイタルを聴きに
芸文へ行ってきました。
NHKのピアノレッスンに出演されていたみたいなので、
ご存知の方も多いかもしれません。
全国公演中です。

彼女のMozartの音がとても好きで、
是非じかに聴きたいと思っていたところ、
ショパン特集で、チェロソナタも聴けるコンサートが♪
行く前からとても楽しみでしたハート

他のプログラムをよく把握しないまま会場について
プログラムを読むなり、泣きそうになりました。。 
(早すぎ・・しずく

彼女の真摯なショパンへの愛がいっぱいの曲目、
敬意からのこだわりの演出・・
嬉しい気持ちと、彼女のその想いの深さの美しさとで、胸がいっぱいになりました。

CIMG5218.jpg
ショパンマニアな方は、この配列を見ただけで
ノックアウトだと思います。。(笑)

登場されると・・・なんだかインド?の高僧のような
たたずまい。「自然」と一体化しているような
体に重さがないような、不思議な空気を身にまとっている方でした。

演奏ももちろん、異次元へ連れて行ってくれる、
すばらしいものでした。
このあいだの、ポニョの世界とも、つながります。

そう、ポニョは、音楽の「舟歌」と
とても似ているように感じるんです。
なんといったら良いのか分かりませんが、
何層も、透明なシートが重なっているような感じが。。

たくさんの次元?のようなものが存在して、時間の概念もなくて、
進行する話と逆行する話・・・支離滅裂に見えるけれど、
でも全てが繋がって調和しているような・・不思議な世界。
バッハの音楽みたいでもあります^^

昔から多くの作曲家が、「舟歌」というタイトルの曲を書いていますが
どの曲も、やはり人生を見越したような、
死を感じつつ、しみじみと生の喜びや美しさを確認するような、
そんな世界が描かれています。

舟歌の曲が持つ、水の上に浮かぶような感覚が、
お母さんのおなかの中で羊水に浮かんでいた感覚、
または、何億年前、生物として海に生きていた
私たちのDNAに残っているであろう分からない記憶、
そういうものに繋がるからでしょうかほほえみ

理由はわからないけれど、感謝が溢れてくるような
そういう気持ちをくれる作品や演奏に触れられることは、とても幸せです花キラキラ

帰りに買い物をして、またホールの横を通ったら、サイン会がまだ続いていました。

ピリスさんのお顔に深く刻まれた、たくさんの「しわ」が、
とてもとても、美しく映りました。


1クリック募金




Please click everyday ❤︎




20180831133525f6e.jpeg10月21日(日)
ひょうご森の日 プレコンサート
三木山森林公園音楽ホール
 
20180831133525f80.png11月11日(日)
オーケストラ・ノインテ 第26回定期演奏会(協奏曲ソリスト)
大東市サーティホール
 
* 関連記事 *
  • 公開レッスン・レクチャー (2018/08/22)
  • Trifonovさん (2012/05/08)
  • Postia pappi Jaakobille (2011/02/22)
  • 金子みすゞ記念館 (2012/07/04)
  • クロード・ボジャノフ? (2012/06/02)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}