flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

幸せな音♪

Categoryjournal * 日記 tous les jours * 日常
はぃっ!元気に生きてますよっはずかちーv 働いてます。弾いてます(笑)
コメントやメールもちゃんと届いております。
ありがとうございますm(__)m 


さて、先週の演奏はソロばかりでした。
弾いていて楽しめたのは、Mozartでした。
また、前日偶然ポゴレリッチのオンディーヌの映像を見ることが出来て
Ravelのクールな”時計職人”気質を思い出し、良い刺激となりました。
Chopinの雨だれを練習中には、絶え間なく続くAs(♭ラ)の音が
中間部でgis(#ソ)に変わるだけで
その憂鬱な響きに、弾いていてピアノに飲み込まれそうに感じたり(笑)
全く同じ音なのに・・音楽はすごいです。

今回、水の曲を4曲弾きましたが、一番難しく感じ、時間をかけたのは
初見でも弾ける雨だれでした。
音が少ない曲は、短い言葉で気持ちを伝えるのと同様、とても難しいです。
でも、それがうまく行けば音の多い曲よりも、すっと心に入ってくる。

修行です(笑)


今日は久しぶりに大学の図書館&視聴室へ行き、調べもの・・のはずが、
それは早々に切り上げられ、Rubinsteinの演奏に聴き入ってしまいました。
ワルツやマズルカをたくさん聴きましたが、
私が好きになる演奏家は、いつも、その1~2小節だけで引き込まれます。
1音に物語や想い、情景がたくさん詰まっていて、
それが頭では整理できないくらいの情報量?を含んでいる。
そういう音を聴くと自然に体がほぐれ、気持ちよくなります。

あいまいな記憶ですが、以前どこかで、
料理に関して同じような事が書かれていたものを読んだ事があります。

・・・本当においしい料理は、おいしかったという満足感が得られたかが重要で
それがフレンチ、中華、イタリアン、どんな料理であったかは食べる人には関係ない。
口にした時、どの食材、どの味が、とその1つ1つが分かるものではなく
口の中でそれらが複雑にまざりあって調和することで深みを増していて
それらを分析できないままに、ただおいしい、幸せな時間だった、
という記憶が残るだけだ・・・と。

今日聴いた音楽はそんな音でしたはずかちーv
もちろん提供する側は、その1つ1つを研究しつくした後に
到達する場所なのでしょうけれど。。アップロードファイル


さて毎日暑い&クーラーで寒いので、体、気をつけましょう絵文字名を入力してください
私はつい冷たいものばかり食べてしまうので
友達に勧められて、時々白湯飲むようにしてます


1クリック募金



スポンサーサイト




Please click everyday ❤︎




* 関連記事 *
  • ♪ (2011/02/14)
  • 飛行機 (2008/11/16)
  • 広がる輪 (2018/05/10)
  • 2012 (2012/01/10)
  • 7月 (2011/07/03)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}