flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

音楽の中の重力変化

Categoryart * 芸術 musique * 音楽
先週のFacebookの記事をこちらにも置いておきます☘️


生徒ちゃんにレッスンをしながら、時間(テンポ)のお話になり、
音楽の中には、メトロノームとは違う一定ではない時間があって、というお話になり、
そして、地球上では時計の時間は一定だけれど、
宇宙と地球の時間は違う、というお話になり、
、、

話しながら、なんだか共通点に、
改めておもしろいなと思いました。


クラシック音楽は、気持ち・心の重さによって音楽の拍や小節の長さは微妙に価値が変わるのが普通であり、
それをメトロノームなテンポで素通りしてしまうととてもおかしくなるのですが、
(例えば、属7とI の和音があると、属7の方に重力があるので、ほんのり「解らない程度に」時間が属7上で引き延ばされます。
和声音と非和声音は置かれる場所によってどちらかが重力をもちます。
(先日お話していたイントネーションの1つです。))
実際に心で感じるさまざまな気持ちは
筋肉の体感として重力でもあり、
心が深く重い場所は、音楽の中では自然に時間が引き延ばされ、それによって重力と時間のバランスが保たれるのです。
またその心(音)の重力に対して、身体も、
支える準備を数秒前にしています。
(あくまで人に遅れたと意識されない程度にであり、無秩序に構築性なく自由な訳ではありません(๑˃̵ᴗ˂̵๑)
その単位(小節数)が大きいと人は気付きにくくインテンポに聞こえ、
また場所によって、インテンポに聞こえるように or 聞こえないように、それを行います。
そしてそのコントラストの為にも、揺るぎない正確なテンポがとれることは大前提にあります。)


そして宇宙の時間が変わるのは
重力が関係するのですよね。。🌏 *
重力が強いと時間が収縮するそうです。

音楽の中では、重力の変化は音の心によって生じます。
ということは、心の周波数は重力ということでもあり?
その心の状態によって、私達は実は微妙に違う
一定でない時間を生きているということで
心の状態によって、時間の経ち方がまるで違うように感じたり、
はたまた、若返ったり老けたりするのも、
自分自身の周波数(心)の重力が変わり
一人一人実は生きている時間が変わっているからなのでしょうか???
見た目は同じ24時間を生きているようで、実は違う。。


基本インテンポで演奏する中で、実は何度も動いている時間と重力。
それを3次元の世界の形に整えているのが音楽であり、
音の重力が強い場所は収縮してしまうエネルギーを引き伸ばす強いエネルギーが必要で、
クラシック音楽を演奏する中では「重力と時間の関係」がよく見えるのです。
音楽を聴くと時間を超えることができるのも
なんだかそのあたりに鍵がありそうな気がしつつ、、、

「時間って何?」と帰り道に考えていたら
よく解らなくて眠たくなってきました。。zzz
アインシュタインさんにお会いしないと解らない、、?(笑)(*ˊᵕˋ*)


Please click everyday ❤︎




20180831133525f6e.jpeg10月21日(日)
ひょうご森の日 プレコンサート
三木山森林公園音楽ホール
 
20180831133525f80.png11月11日(日)
オーケストラ・ノインテ 第26回定期演奏会(協奏曲ソリスト)
大東市サーティホール
 
* 関連記事 *
  • ハナミズキ (2018/04/15)
  • 人は少数派で、残りは微生物。 (2016/02/24)
  • 包容力 (2012/10/16)
  • 時間を待つ (2007/12/23)
  • 恩 (2015/06/24)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}