flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

音楽で人材を育てる

Categorytravail * お仕事 instruction * 指導

大作曲家から「成功の法則」を学ぶ。
「音楽の知」こそがこれからのグローバル社会の鍵に!

バッハ、モーツァルト、ショパン、ドビュッシー、バルトーク、ストラヴィンスキーなど大作曲家の生涯から、未来の人材に必要な5つの精神を学ぶ。

1)多様性から新しいヴィジョンを生み出す人──身近な多様性に気づき、グローバルに活かす
 【バルトーク、ストラヴィンスキー】
2)ソーシャルなマインドをもつ人──互恵社会のなかで、ともに創造する
 【リスト、メンデルスゾーン】
3)レジリエンスの精神をもつ人──複数の視点で物事を柔軟にとらえる
 【プーランク、ラヴェル、ショスタコーヴィチ】
4)フロンティアとして道を創る人──普遍的な原理を新しい時代に活かす
 【J.S.バッハ、ドビュッシー】
5)生命・宇宙のサイクルを感じとる人──見えない気や感情を察知する
 【ショパン、モーツァルト、ヒルデガルト・フォン・ビンゲン】

各国の先進的な教育の事例も多数紹介!
・フォルマシオン・ミュジカル(フランス)
・創造力ワークショップ(イギリス)
・PISA新指標(OECD=経済協力開発機構)
・次世代グローバル・リーダー教育(オーストリア)
・2020年度大学入試改革(日本) ほか

ベストセラー『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』の著者による待望の第2弾!


☘️☘️☘️

ヒルデガルトまで入っているのがなんとも嬉しいオススメ本。
音楽ご専門以外の方にも読みやすく書かれてある様に感じました。


私は生徒さんにはよく、
ショパン&モーツァルト vs ベートーヴェン&リスト
が対照的で説明しやすく、お話します。
 
性格の違い、育ち方・家庭の空気の違い、愛され方の違い。
それで人間がどんな風に大人になり、社会を眺め、受け止め、本人にどんなことが起こるのか。

それらが音楽の中でどんな風に現れているのか。
音の配置、強弱記号1つにもそれらは関係しています。
ショパンのフォルテとベートーヴェンのフォルテは、意味も質もまるで違います。ˇ◡ˇ
 
そして音楽になると、人間上ではマイナスであったことも全てがプラスに昇華され、
それが人を癒し力づける大きな力に変わることを目の当たりにします。
無駄な経験は何もないことが、美しい音楽から、
個人的に体感できます。
 
たくさんの音楽(=作曲家=人の世界の捉え方)を深く勉強し感じることで、
そんな風な大きな視野・視点を持つことができるようになり、
マイナスな事も肯定でき物事に悲観しなくなり、
その子達がたくましく優しく、生きて行けるのです。ˇ◡ˇ

音楽って本当に素晴らしい💕💕( *ˊᵕˋ)







Please click everyday ❤︎




20180831133525f6e.jpeg10月21日(日)
ひょうご森の日 プレコンサート
三木山森林公園音楽ホール
 
20180831133525f80.png11月11日(日)
オーケストラ・ノインテ 第26回定期演奏会(協奏曲ソリスト)
大東市サーティホール
 
* 関連記事 *
  • ラッラッ レーミーファー♪ (2014/01/31)
  • 長野へ (2012/08/26)
  • アルカスホール (2016/10/12)
  • 自分と向き合う (2014/02/21)
  • 出逢い (2014/08/26)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}