flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

黙って聴いている

Categoryart * 芸術 instrument * 楽器
とある場の管理者さんに、
「新しいピアノは毎日学生を呼んでガンガン鳴らした方がよいですか?」
とご質問を頂きました☘️
 
確かに、鳴らした方が楽器はよく鳴りますが、
ただ、いつも「ガンガン」と弾かれているピアノは、音はよく鳴るようになるのですが、鍵盤の中のタッチの調節があまり効かないピアノになるので、どう弾いても同じ様な音のカラーになってしまいます。
触るとすぐにポーンと鳴ってしまい、pp~mfの調節がしにくいのです。
 
ピアノを起こす時は、フォルテで慣らしもしますが、
何段階もの細やかなpで鳴らしてあげることもとても大切です🌱
 
オーケストラの練習場となっている場所のピアノがとても弾きやすいのは、
オーケストラと共演する様々な国際ピアニストの方々がたくさんのタッチで弾かれているからであり、
その様なピアノは、鍵盤の1cmの中にミルフィーユの様な層が沢山あって、音色の調節がとてもしやすいです。
その様に弾かれてこそ、ピアノはそう成長します。
 
子ども達の発表会でよく使われる会場のピアノは、真ん中の音域だけがよく鳴るので、
高音や低音があまり鳴りません。
そんな時は小さな子ども達がワクワク触れている姿が見えてきて、微笑ましくなります。( *ˊᵕˋ)✩‧
 
楽器は、弾き手が弾いたように成長し、鳴り方が変わります。
なるべく繊細な音をたくさん出すように鳴らしてゆくと、
フォルテを鳴らした時にも、音の端に細やかな響きがたくさんまとわりついて、
なんとも美しい響きになります。ˇ◡ˇ
 
そして、ほとんど弾かれていなくて、鍵盤から弦への接続はもう一歩だけれど、
いつも側で弦楽器の音を聴いているピアノは
ピアノの弦が毎日よく共鳴して震えているので、
とてもよく歌い、美しい音がします。
同じように、フルートを聴いていれば、高音がよく鳴ります。
 
いつも音楽があるだけで、
ピアノは黙っていてもじっと聴いて小さく震え、
生き続けているんですね☘️(*ˊᵕˋ*)
 
周りで鳴っている音と、同じになってゆく。
人の心の中のハープも同じかもしれません。ˇ◡ˇ ♡


photo©︎sakura



Please click everyday ❤︎

 

* 関連記事 *
  • リラ (2009/03/06)
  • CFX (2012/03/15)
  • 黙って聴いている (2018/04/23)
  • ピアノ選び (2015/05/27)
  • Lulajże Jezuniu (2009/12/23)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}