flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

音楽アンサンブルで生きる力を~ エル・システマ

Categoryart * 芸術 musique * 音楽

先日の西宮ルーテル教会でのコンサートで歌われました「被曝のマリア」の作曲者エリック・コロン先生は、
40年ほど前ベネズエラ国立音楽院の学長をされておられ、
このエル・システマの創立メンバーであられたそうです。
(その時(40代)に、パイロット✈︎の勉強もされ資格を取られたと言うので驚きです(笑)
その前はアメリカをリサイタルツアーされるクラシックギタリスト。。
天才さんの脳は一体どうなっておられるのでしょう? ( ¨̮ ) ॰*✩
言語も5カ国を話されます。。(*¨) )
 
エル・システマの教育により音楽家となられた人には指揮者のグスターボ・ドゥダメルさんがいらっしゃいます。
 
アメリカやイギリスの大学、日本でも有名高校などでは、近年は人間形成のために、
音楽の授業が盛んに取り入れられていますね。
 

音楽、特にアンサンブルの中では、
人と協調するだけでなく、
人を導く役割、人に寄り添う役割、
人に合わせ過ぎず自分を見失わない力、
自分だけにならず人が引き立つ様に思い計る力、
全ての感覚が育まれ、音楽の中ではそれらの役割が、数秒ごとに変わる変わる訪れます。

人間力、コミュニケーション能力、
リーダー力、サポート力、
社会で生き、人と関わってゆくための力が
アンサンブルの中には全てあります。

その結果生まれる音がまた人にエネルギーを送り、人の人生に小さな変化を起こし、
幸せを運んでゆく、、人が幸せになると、本人も幸せになる。。
という好循環に、音楽は人間を戻してくれますね。ˇ◡ˇ ♡
 
そうして社会を調和させてゆくことを身をもって感じられる音楽に、
子どもたちがどんな家庭環境・社会状況にあっても、
誰でも取り組む事が出来る様にされた社会システムがエル・システマ🕊🇻🇪
素晴らしいですね☘️ˇ◡ˇ
 
 
文化芸術=人の心が大切にされる国であるためには、
それらが大切だと感じる子供達・人の感性を、長い時で育む事。。
その全ての元は、親子間の無条件の愛・人間的信頼から始まり、
悲しくもそれらが得られない環境にある子供達には、社会が親になってゆく。。

本物の、無条件の愛情を一度でも知った人は、
全ての人の幸せを願う人に、必ずなりますよね。ˇ◡ˇ
そうすると、「選択するもの」を間違えることもなく。。
 
そんな人々を、少しでも増やしてゆく。
そのために、まずは自分が、
既に常に頂いている愛情をきちんと受けとり、同じ様に、
出逢わされる目の前の1人1人の人を
愛するだけなのだと思います。
 
パパゲーノさんの記事に通じますね( *ˊᵕˋ)
ソラシドレ♪🕊💕
 

* 関連記事 *
  • 音楽と科学と宇宙の繋がり (2017/06/05)
  • 別れの曲2 (2010/08/31)
  • 西洋の響き or アジアの音 (2016/02/11)
  • 降りそそぐ 包みこむ (2007/05/15)
  • モーツアルト (2009/06/13)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}