flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

自分自身が選んだ心が毎日を作る♪

Categorytravail * お仕事 instruction * 指導
先日はイギリスの夏季留学から無事帰国した生徒さんの2ヵ月ぶりのレッスン🇬🇧
イギリスでの授業の様子は本当に楽しそうでした♪

普通の一般科目の授業のほか、「ドラマ」という、お芝居をするような授業もあったそうで、
身体で表現したり、声や表情を様々に変えたり、
同じ内容を違う表現で何種類か言ってみたりと。

プレゼンテーションなど人前で話す時の練習にもなる他、皆で工夫しながら自分達で状況を想定し自分達の考えた言葉で様々に演じることでオープンなマインド・人間関係を作ってくれそうですね ˇ◡ˇ
「議論」も海外では生徒同士、授業内でたくさんさせられるので、
自分の意見を言い、相手を尊重しながら聴く、
大人な話し合いができる人間に教育されます。

いつかピアニストのトリフォノフさんも、どこかのセミナーでそのようなドラマのレッスンを受けていらした動画をお見かけしました。
その時はゴリラになって歩いていらっしゃいました(笑)

「社会」の授業などもアクティブラーニングが取り入れられ、
世の中にあるある課題を与えられ、問題に対して想像し考え発表するので、
その中で地理や経済・数学・理科など、自然に他の教科の知識を総動員することになります。

日本の教育とは全く違う方法で子ども達が育てられていて、
右脳もたくさん使う「受け身」ではない授業。
いつもお話を聞いていて面白いです。


「受け身」でない思考を育てることは、
その子を生きやすくすることだと
つくづく感じます ˇ◡ˇ
 
起こった出来事・環境・人に対して不満を持つのは、
「受け身」なゆえ起こる感情。
 
すぐに発想転換し、自分で自分の毎日をクリエイトしてゆく思考に慣れていると、
不満を持ったり落ち込む暇はなくなり、

どうしたら自分や皆が居心地良くなるのか考え、
工夫したり、誰かに聞いたり、本を読んだりして勉強し改善してゆく「行動」をとるようになります☘️
 
環境や人によって自分の心が決まる、
というのは幻想であり、
「自分自身が選んだ心」を、
私たちは毎日生きている🌱
 
「怒った」のではなく、怒ることを選んだ。
怒りたかった。
「喜んだ」のではなく、喜ぶことを選んだ。
喜びたかった。

どちらをしたい自分なのか、
潜在意識にある、怖れ or 愛、
それらが表面に現れるだけなのです。
 
そこで、不和な時間を創りあげてゆくのか、
人と分かち合える調和な時間を創りたいのか、
全て自分次第であり、
一つの出来事は何通りもの心で受け止め、
創ってゆくことができます。

生徒ちゃんのイギリスでの「ドラマ」の授業は、
そんなことを伝えてくれるのだと感じました。ˇ◡ˇ
 
誰もが能動的にその場を創りだしてゆける、
芸術家さん。
 

「面白くない」「価値がない」と感じるものを、面白く感じる目を自分が失っていないのか考えてみる。
面白くなるように工夫してみる。
言葉の使い方、心遣いの仕方、
相手に伝わるための知識を得てみる。
自分とは違う視点の人の思考を知ってみる。
世間に合わせた思考に自分を染めるのではなく、自分自身の本当の素直な想い、好きな想いに立つ。。。ˇ◡ˇ
 
視点が一つ変わるだけで、
状況や人はまるで変わってゆく。
人を疑う事も疑われる事もなく、皆が楽しく平和に過ごせる方法がちゃんとあります。
その楽しさや素晴らしさを
小さな頃からたくさん体感できると良いですね。
 

些細なものでも、見えないものでも
「創り上げる」と、人は身体が喜ぶように作られています。
「クリエイトする力」は、その子の人生を一生楽しく幸せにしてくれる財産だと思います。
 
お絵かき、雪だるま、葉っぱや木を使ったアートなどなど、
自分の手と頭で1から創り上げる遊びも
小さな頃からたくさんさせてあげたいものです🍁🍂

それらの工夫・楽しみが、お仕事する(社会を幸せにしてゆく)力に繋がってゆくのだと感じています。
そのお仕事も、受け身で「待つ」のではなく、
「創る」ことができるもの。
 
イギリスの「考えさせ、行動させる」教育法から、
そんなことを思いました☘️✨


さて、少し涼しくなってきました。
皆様お身体ご自愛下さいませ🍁


シナモン&ハニーteaで風邪予防🍯


にんじんとじゃがいものポタージュでポカポカ♪

 

* 関連記事 *
  • 音楽書 (2014/08/23)
  • レッスン (2014/01/21)
  • 濃い2日。 (2013/01/12)
  • 自分自身が選んだ心が毎日を作る♪ (2017/09/15)
  • 募集×2♪ (2012/06/11)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}