flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

二胡トリオコンサート

Categorytravail * お仕事 lecon * 準備
秋のコンサート🍁もう1つのご紹介は京都烏丸へ移りまして、
こちらはしっとり大人向けのコンサートです🍂


情緒ある京都文化博物館にて行われる二胡奏者杉原圭子さんのリサイタルを、
チェロとピアノでサポートさせて頂きます🎻🎹
 
長年委嘱頂きせっせと作っていました私の編曲作品・作曲作品も、
CDではなくコンサートでは初披露?、たくさん演奏されます。
 
作曲作品は、「五線譜で西洋的な音階を二胡で演奏するための練習曲になる様なものがほしい」とのお話で、
「それでしたら「変奏曲」が元々様々な奏法・アーティキュレーションのためのエチュードの要素があるので良いのでは、、」と提案させて頂き、ご希望の主題により、
「"荒城の月"の主題による12の変奏曲~二胡とピアノのための」が
6年前?くらいに完成しました。
 
エチュードで中国的な旋律ではないので、二胡奏者さんにとっては新感覚になる超絶技巧な楽曲です。
二胡の様々なニュアンス・可能性を聴いて頂けるように、と作りました。
日本で弾くことができるのは、杉原さん以外に何人いらっしゃるだろう??と思われます。。
二胡の音域による鳴りの特徴、運指による鳴り方の特徴、弓の都合による鳴り方の違い、
私自身様々なことを勉強させていただきました。
 
作曲にあたって、普段のピアノソロの、ブラームスやラフマニノフなどたくさんの変奏曲はもちろん、
フルートなどなどで弾いてきました変奏曲なども改めて勉強する機会になりました。
天才様たちの作品、紙面上の分析だけでなく鍵盤や耳の感触は、本当にいつも「偉大な先生」です。

杉原さん、超絶技巧に挑戦しておられますのでどうぞお楽しみに🍁


そして、チャイコフスキーの四季(トリオ版)や、
中国では有名な物語「梁山泊と祝英台」がオーケストラからリダクションされましてトリオ版で初演されます。
こちらは作曲家&ピアニストの南木千絵先生のご編曲です♪
http://www.minakichie.jp/762181885

南木先生とは何年も前にピアノコンクールの審査でご一緒し、
その時、会場で参加者の皆様へ向けてご講評されるお背中が
子どもたち一人一人に愛情を持って語りかけるようで
とてもとても温かかったのですね ˇ◡ˇ

当時はホームページも持たれていなく、そのお姿と少しの略歴以外何も存じ上げませんでしたが、
「この方はきっと素晴らしい」
「この先生に習わないのはもったいない!」という直感で
生徒ちゃん達のソルフェージュや少しの作曲指導などどんどんお願いさせて頂きまして
今もご縁が二胡まで繋がっています。(o^-^o)

「温かさ」は「誠実さ」であり、「視野の広さ」であり、
誠実であれば、人は自ずと勉強もお仕事も精魂こめてされ、
出逢うどの人の未来もより良くなる様に、大切にしてくださいます。
そんな方々とご一緒にお仕事をできるのは喜びです♪


当日はライブレコーディングもされるそうですので、練習がんばらなくちゃです(*^^*)
頭がボーっとしないように体力もつけておきたいと思います。💪(o^^o)
 


 

* 関連記事 *
  • 7/20の演奏会をご予約頂いている皆様へ  (2015/07/08)
  • Finale (2009/04/02)
  • ...Les collines d'Anacapri (2013/05/06)
  • ベートーヴェンさま (2010/11/06)
  • 配信♪ (2013/05/28)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}