flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

別れの曲トリオ CDに。

Categorytravail * お仕事 transcription * 編曲

今年もフルートさんの本番も楽しく終わり、
他の様々な本番も終えまして、12月前に少しだけ気を抜ける数日間。

頭が音符でいっぱいすぎて、もう体にも音符がぶら下がって持ち歩いているような日々が続きましたので(笑)
今週はお仕事や練習をしながらも、少し意識的にぼ~っとするように過ごしています。


さてさて、そのような合間に
編曲しました楽譜、別れの曲トリオ(ソプラノ・チェロ・ピアノ版)が、
CDに収録されたとのご連絡を頂きました。



関東でご活躍の、東京芸大ご出身のお三方、
河内夏美さん(ソプラノ歌手)、植草ひろみさん(チェリスト)、松浦朋子さん(ピアニスト)による、
透明なお声とピュアな音色で美しく奏でられたCDをお送り頂きました。
近日中にitunesとAmazonでも配信されるそうです。



こちらの楽譜は本当に様々な方に多くご利用頂いているようですが、
お会いした事のない方々が丁寧に奏でて下さっている演奏を、実際に聴かせていただけたのは初めてです。

とても不思議な気持ちで、なんとも言えない気持ちになり、、感動しました。

一般的に「演奏家」という人達、殊にクラシックの人間は、
日々楽譜に本当に忠実に向き合い、音にするわけですが、
生涯、人が生んだものを大切にし続けている、
演奏家という人々の真っ直ぐで誠実な生き方そのものを、
何だか改めて愛おしく感じてしまいました。

自分も演奏者なので、こんな事言うのも変なのですけれど、、(笑)
素敵な気持ちを感じさせて頂け、ありがたいです。

本日はこのCDの曲目でリサイタルだそうです♬
演奏する方々、聴かれる方々皆が、幸せな気持ちになりますように。⁎ˇ◡ˇ⁎




そして、4月1日に出演させて頂く、
シンフォニーホールでの團伊玖磨さんの歌曲集のコンサートが
今回号のシンフォニア(ホールの情報誌)に掲載されております。

よくお世話になっている音楽事務所の方に突然お声がけいただき、
東京から来られたプロデューサーさんにお会いさせて頂きましたが
されているご活動の想いに共感し、なんだかご縁を感じました。

また、團伊玖磨さまは、作曲家・音楽学者であられながら、
動物学者、植物学者、科学者でもあられたそうで、、。
何だか今年は、そんな方々ばかりとご縁があります。(笑)

科学や自然・音楽はとても繋がっているものだと私も日々感じておりますので、
そんな作曲家さんの作品の、子ども達に向けられたこちらのコンサートも
とても楽しみにしています。


長野公演のプログラムノートより


そして、その1週間後、4/8(土)夜、ドーンセンター(天満)での
西日本フィルハーモニー交響楽団さんとの協奏曲コンサートも、
もうすぐフライヤーが届くそうです。
たくさんの方に聴いていただけると嬉しいです。

どちらも詳細はまたお知らせさせていただきます♬




さて、来月は毎年恒例の第九コンサート。
今年も2台ピアノ&ティンパニで、皆様のお声を支えます。
うはらホール(10日)と、大阪フィルハーモニー会館(11日)での2公演です。
こちらのお問い合わせはホールまで♬


 



 
 

tag *   別れの曲編曲,

 

* 関連記事 *
  • リダクション (2012/06/16)
  • ペダル (2011/03/04)
  • ふぅ♪ (2014/08/09)
  • 次。 (2014/08/22)
  • かんがえる (2013/02/20)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}