flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

言葉のきれいな人といること。

Categoryma piece * my room idees * ひとりごと
9年前に、ここに書きました祖父の言葉、
なんとなく思い出した今日です。


・・・人の悪口を言っていれば必ず人は離れていく。
どんなに嫌な事があっても、どんなに人が言っていても
自分は絶対に言ってはいけないよ。
日ごろの行いや心はいつも目に顕れるから
たとえその場で言葉にしなくても、人にはすぐにばれてしまうんだよ。
目のきれいな人になりなさい。・・・


真実は、同じように生きている人には、すぐに解るもの。
どの人が嘘や思い込みによる話をしているのかは、
普段のその人の言動を冷静に見れば、解ることだと思います。


私は「噂」はいつも聞き流し、自分の目で見たその人のみを信じます。

人を通して聞いたものは、残念ながらその方の主観や競争心・コンプレックスが混ざっているもので、
真実とは全く違うことが多いものです。
不満や悪口を言ってしまう人は、その方自身が別のトラウマや問題を抱えていて、
物事を曲げて受け取ってしまう癖がある状態です。
ですのでどこへいっても揉め事が起こります。

人が違えば、同じ出来事も全く違うように受け取られます。

愛情や思いやりがあり、聡明な人は、
人の悪口を言わず、悪態もつきません。
そのように物事を受け取らず、多角的に物事を見つめます。
また、言動は全て、自分や自分の大切な人に返って来ることを知っています。


ですので、悪口を言わない、というだけで、
人としての格が測られるものではないでしょうか。


私は不平ばかり言う人とは、普段からお付き合いをしませんし、
話も耳に入れません。
どうしても聞かなければいけない状態の時は、話を変えたり、聞き流したりします。

自分のことを言われていなくても、人が人のことを悪く言っているのは
心が傷つき、残念になり、疲れてしまうからです。
脳科学的にも、脳が萎縮し、実際に体や心の安定に良くないそうですね。



このところの事件について、
「その言動に、知性、感性、品性を疑う」

という言葉を昨日お見かけしましたが、
それらは人にとってとても大切なものではないかと
私も思います。



先日お知り合いにそんなことが起こり、
その方にも自信を持ってほしいので、書いてみました。


私は、私が接したその人のみを信じるので、
人の噂で、その人への態度や信頼が変わったりしません。
むしろ、良くない言葉(心)を発する人に対して、その人が言えば言うほど
距離を置きます。


どんな噂を聞いても私はその様にありますので
どうぞ安心して下さいね。


噂を信じない、というのは、友人やお仕事仲間さんたちは、
皆そのような生き方をしています。
人の悪口も言いません。

それは我慢をしているのでもなく、そうやって生きて来ていると
感情を整理し、どうすれば良いかを考える力がついてゆくからではないでしょうか。

そんな人も、世の中たくさんいますよね。
そして、皆さん、人のそのような所を本当によく見ておられ、
会社や組織の人事を考えておられます。

解る人には一言も語らずとも解るもので、
人との絆は、そうした語られない言葉、見えない心によって
繋がっているものだと思います。








スポンサーサイト




Please click everyday ❤︎




* 関連記事 *
  • パパゲーノの幸福論 (2017/10/01)
  • 人の願い (2016/02/16)
  • エリザベト音大 (2017/08/12)
  • 言葉 (2007/06/04)
  • 言葉のきれいな人といること。 (2015/02/04)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}