flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

crescendoの読み方

Categorytravail * お仕事 instruction * 指導
さて、確定申告終わりました♪♪
毎年これを終えると賢くなった気がします♪(笑)


さてさて、今日は生徒君が学校の音楽のテストのお話をしていました。
「クレッシェンドって書いたらピンされてん!」

「クレシェンド」でないと正解でない、とされたそうです。
たぶん音楽の教科書がそうなっているのでしょう。

あら~(・ω・)
どちらでも良いのですヨ。
でも、クレッシェンドの方が原語発音に近いような。。

ピアノを習っている子達ほど不正解だったそうで、
みんなムキャーッとなっていたとか。(^^;;

音楽の先生方がもし読まれていたら、、、
是非丸にしてあげてくださいね。(^-^;)


ちなみに、日本ではメゾフォルテと言われる事の多いmfは
「メッゾフォルテ」で丸になっていました。
こちらはイタリアでも地方によればメッツォフォルテ。
スイスに近いとゾになってくるのかな??

発音というのはヨーロッパの中でもそれぞれで、
特に強弱記号に関しては、あんまりこだわらなくて良いと思います。。(^^;;
一応、楽語はイタリア語ですのでイタリア読みが良いですが、
元々、子音だけの発音(母音のない音)などは日本語にないので、
日本語で表記するのは難しいことですね。。
(スと書くと、SUとなってしまいますが、
Sだけ発音して母音Uは発音しない言葉も多いですよね。
それは日本語では書けませんね。。 )

そんな訳で、声楽の先生方は、歌曲の授業中よく、カタカナで読み仮名書かないでね~とおっしゃいます。
そういえば高校の英語の勉強も、発音記号で書くように言われていましたね。


英語といえば、アメリカ人のBarry Snyder先生は、
バック(バッハ)、ラックマニノフ(ラフマニノフ)、レイヴル(ラヴェル)
と発音されていて、Ravelは最初何の事か解りませんでした。(^-^)
アメリカ育ちの子は、日本でテストを受けると×になってしまうことでしょう。。(^^*



さて、イタリアは只今、コンクラーベ中ですね。
どなたが法王になられるでしょう。。


sent from my iphone

Please click everyday ❤︎

 

* 関連記事 *
  • 1音の中のドイツ語 (2015/03/12)
  • 和声機能 (2016/09/13)
  • アルカスホール (2016/10/12)
  • ラッラッ レーミーファー♪ (2014/01/31)
  • レッスン (2014/01/21)

  • .find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}