flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

No image

日本の耳 & 西洋の耳

過去記事より。この英会話のレッスンでは他にも、「感じ入る日本の文化」だけれど、日本は左脳的な人が比較的多く、欧米は右脳的な人が多いのはなぜだろう?というお話もしていました( *ˊᵕˋ) そして、日本製のイヤホンは、音が立つシャープなもので、音を「聴かせる」状態の音、海外製のイヤホンは空気の音ももっとありナチュラルで、 音の隅の響き(空気と溶け合い消えるまでの隅の音)まで「聴き入る」状態の音がします。 それ...

ピリオド楽器 コンクール開催

先日の東京でのピリオド楽器によるショパン国際ピアノコンクールのプレゼンテーション。こちらの方が内容をよく伝えてくださっていて、私がこれまでのプレイエルの練習や録音で感じて来た事と同じ事を述べられています。 (ピリオド楽器というのは、作曲家がその時代使っていた楽器、ということで、ショパンであるなら、ブーフホルツ、プレイエル、エラールなどなどのピアノになります。そしてプレイエルのメーカーであっても、19...

繋がるバラ1。

昨日からなんとなく311週間な空気。心が命に対して繊細です。振り返る事でたくさんの魂や心が癒される。お祈りはとても意味がある事だと私は日々感じて過ごしています。あの3カ月後、6月11日の支援リサイタルは、そういえばバラード1番を取り上げました。CDに収録したくて、今日も練習しています。7年早いですね。ミュージカルの方で舞台をご一緒している、原発事故により関西へ母子避難された森松明希子さんは、再来週16日、ジュ...

レコーディング 2 days

爪割れにはアロンアルファ♪昨日は1845年製プレイエルピアノでのショパン・ソロ録音、1回目終わりました!オーナーさん、調律師さん、音響さん、好きなものを極めていらっしゃるというなんだか趣味?性質?が似ているお3方に支えられ、大仕事でしたが楽しい時間を過ごしました。マイクテストでは、ほんの少しのマイクの幅・指向性で音の艶や響き・低音の鳴りが大きく変わるのでとても興味深かったです。ピアノ&クラシック音楽マニ...

練習

さて、明日は CDレコーディング第1弾。明後日はミュージカルのお仕事の方のレコーディング。録音続きです。最後の練習がんばります♪今日もよくおしゃべりする鳥さんたち。古い楽器のためご自宅で録音するので、日中は「鳥待ち」or「鳥直し」が必要そうです。(o^^o)...

1音1音に生きられる

プレイエルはとても繊細な楽器。エラールの製作者が建築学・幾何学・製図法などを学んだ技師だったのに対し、プレイエルの製作者親子は音楽家。そのため、設計は少しアバウトさが残るものの、演奏者にとって、機械的ではない、とても音楽に密着できる肌感覚の残る楽器になっています。 その分、指先のコントロールが、本当に1音1音必要で、まるで弦楽器奏者になって弓や左手の指先を操作している様な気分です。そのくらい、わずか...

19世紀の調律は??

あ、調律のお話をよく投稿していますが、なぜそんなに古典調律かといいますと、、 バッハの時代から平均律になったのではなく、バッハはあくまでもwelltemperament、「よく調律された」であり、現在の平均律のような正確な平均律ではなかったそうです☘️でも、ピアノマニアさんによると、19世紀の調律師さんの書いたこの本には「今の時代は(古典調律ではなく)平均律で調律するべきだ!」と書いてあるそう。 しかし、他の所で私...

チェンバロとプレイエル

プレイエルの練習の合間に、時々休憩でチェンバロを触らせて頂きます。手のひらのフラットな支えが必要で、その後、プレイエルがなんだか弾きやすくなります。現代ピアノは、軽いタッチで音が揃うけれど、シングルアクションのプレイエルは指の付け根に均等に支えがないと、軽く弾くとその音だけ鳴りそこなったり、カクンと少し遅れてしまうのです。(でも軽く弾くのですが(o^^o))幹はしっかり、枝葉はゆらゆら🌳歌い手さんの声1音...

原調だけに存在するfeeling♩

レコーディングプロジェクトから、学ぶことがいっぱいです。 Berckmeisterだと、作品を移調してしまうと、トニックもドミナントもすべて、その中の音程が変わってしまうのですが、たとえば、g mollはトニックの3度も5度も平均律よりもマイナスで幅が狭く暗いニュアンスが生まれますが、それをa mollへ移調するとトニックの5度は純正0になり、I-IIIの3度もg mollの時よりも少し高くなります。同じ短調でも、真横にずれるわけではな...

蘇る楽器

先日もプレイエルの調整現場へ。帰り道に調律師さんとお話していて、調律も一年前の自分の調律を聴くと色々と現在との違いを思われるそうで、毎回学び、毎回変わり、成長してゆく、やはり奥深いものだそうです。 関西の主要ホールで、ピーター・ゼルキンなどなど世界の一流アーティストさんを今も担当されてこられているような阿部さんでも(そのような方だからこそ?)そうなのだなと、、本当に演奏と同じ、終わりのない世界なの...

ひと休み

Werckmeister音律、気に入ってしまいました。バッハを弾いてもとても合います。お隣のエラール(平均律)で弾くと違いがよくわかり、平均律だと音程に色が出ず、とても平坦に。 現代、ピアノと弦楽器とのアンサブルを平均律にしていただいているのが、とても申し訳なくなりました。(*^^*)  pure と impure、そしてequal. (純粋と不純、そして平均)impureがあるから、その後のpureが神々しい。equalはそれを少しずつごまかして...

仕事納め

今日はコンサートで使用する映像用の音の録音で、今年の仕事納めとなりました。一年早いですね。今年一年、コンサートに駆けつけてくださった方、共演してくださった方、その他様々なご依頼をいただいて関わらせていただいた方、皆様ありがとうございました。♡♡今年はブログを読んでいるとお声をかけてくださる方も多く初対面でもお話する距離が少し縮まるようでした。来年もまた皆様と、幸せな音楽の時間を共有できますように。さ...

スタジオへ

今日はマスタリング?というCDを販売する形にする最終の作業に立ち会ってきましてほぼ完成のCDをいただいて来ました曲間の秒数がちょっと違うだけで印象が違ったりするので、おもしろかったです。流通コードとか、デザインやCDロゴの規格?とか色々あるんだなぁと・・隣でフムフム、、未知の世界でした。こちらは、テープ・・・だったかな? デジタルからアナログに録音して、またデジタルに戻すとデジタルの「無」の部分に聞...

レコーディング最終日。

今日は二胡の録音でした。終わりました。録り終えましたっ。何度もスタジオに通ったので、録音した曲を家で聴くと、スタジオの匂いも一緒に香ってくるようになりましたあ、あと、おにぎりの匂いも。。^^*  3日とも、弾く → 音チェック&おにぎり → 弾く → 音チェック&おにぎり だったもので。。これから楽譜の方もとりかかって、12月発売予定です。amazon や i-tune なども取り扱い予定だそうです。最近はちょっと、二胡&ピ...

音楽

すごーーく久しぶりに、J-POP買いました♪ 倉木麻衣ちゃんのALL MY BEST♪ mora(音楽配信)で買っちゃった。便利ですね。連日、レコーディングの音源チェックしています。こちらもSonicStage(パソコン)で、それぞれのテイク聴き比べしています。どの曲も、5~6テイク録っています。ラジカセやウォークマンで聴くと、聞こえ方がまた全然違うので不思議なものです。あと、部屋でリラックスした状態で聴くのと、外で聴くのも、自...

レコーディング2日目。

今日も早起きで、レコーディングしてきました。この間よりちょっと要領がつかめたようで?、ちょっと順調に進んだ気もします。マイク配置をまた工夫してくださって、今日の方が私の耳には聴きやすい感じに♪ちょっとの向きでかわるので不思議です。エンジニアのおおわさんが、ぽかぽかした方で、音源チェック部屋にいく度に安らぐ私たちです(笑)ありがたや~^^今日はメインの2曲+1曲を録り、山場は越えました♪今回編曲で、二胡...

No image

レコーディングその1

昨日はレコーディング1日目でした。 休憩したり、プレイバックを確認したりしながら、約5時間で、4曲でした。初録音な私は、状況と、1981年製のニューヨークスタインウェイちゃんに慣れるのに、1~2時間かかりました。今回はスタジオ録音なので、壁に囲まれ、マイクは至近距離。音が広がらない中で、距離感や陰影をどう出したらよいのかや、テンポの設定によって、二胡の弓使いや音の鳴りが変わってきたりするので、いろいろ...

欧風

今週は滋賀まで、二胡合わせに行きました。遣隋使小野妹子ゆかりの地みたいで、二胡にもぴったり?^^しかし、たどり着いたスタジオはのどかな風景の中にあるヨーロッパ風の一軒屋。とっっっっっっても素敵でしたヨーロッパの小さな教会みたいで、思わず壁に一目散・・・なでなでしに行きました。。イギリスの石だそうです。ここは小高い丘で琵琶湖が一望でき、本当にきれいで・・・欧風のお庭やお部屋から眺めていると、レマン湖...

No image

ツィメルマン

録音と言えば、以前、ポーランドのピアニストツィメルマンの発言をなんとなく保存しておいていました。録音技術の発達とともに、クラシックの音楽が少し違う方向へ流れ始めたこと、生のコンサートとは違う音楽や、違う響き、クリアすぎる音を求めるようになったり、世界各地オーケストラ・演奏者の音楽がそれぞれの「感性・個性」を持つのではなく「平均化」してしまった現代人の耳についてなど、たくさん発言していらっしゃいまし...

合わせ&スタジオ見学

二胡と高胡今日は二胡合わせを兼ねて、スタジオ見学へ行きました。先月から色々と周っています。今日は梅田のとあるスタジオへ。とってもきれいな完全無音空間でしたテスト録音もさせていただけたので、音を確認しながら、録音についていろいろ勉強になり、どう弾いていくかを考えたりできましたスタッフさんもとても親切でした。長時間ありがとうございました録音はスタジオに数日篭りきりなので、太陽を浴びたくなりそうです。あ...
.find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}