flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

万華鏡の響き

Scarlatti K.380ホロヴィツさんの、カーネギーでの演奏。耳にミストの様な音のシャワー。。。ˇ◡ˇ ✨ピアノの倍音を美しく鳴らし、万華鏡の様に響きが舞う。。筋肉で弾くのではなく、音をただ、鉄琴の様に鳴らして行き、溶け合うハーモニーに耳を澄まし、その空気を追う様に弾く事で得られる音たち。。この様な音は、無条件に身体が安らぎますね。ˇ◡ˇ ☘ 一昨日は作曲家のEric Colon先生とお話していましてこのお話になり、私に合う...

No image

Spanish

昨日はスペイン語♪(英会話)スペイン語では、play the piano は tocar el piano で、tocar は 英語で言うと play ではなく touch。弾く= 触れる を使う事がよりdelicateでなんだか素敵です。 でもまさに、弾くことは触れること ˇ◡ˇ鍵盤にも、響きにも。音を聴くことは触覚です。ˇ◡ˇ...

No image

dolce sogno d'or

dolce sogno d'orという詩の言葉が、改めてきれいだなとふと思います。。(別れの曲)dolce、フランス語ではdoux、 douce。甘いや優しいという意味だけでなく、肌の感触でソフトだったり、溶けるように滑らかだったり、鼻の周りで良い香りの風が頰に触れるような、、そして、懐かさも含むような言葉。sognoは夢d'orは金色の、輝かしいPucciniにもSogno d'orという歌があるみたい。http://www.youtube.com/watch?v=O1bCy94Z8IUショ...

No image

演奏は骨。

先週のサンドラさんのMasterclassのよう。(o^-^o) 普段の先生と言われることは同じでも、『「同じことを違う人に言われる」という事は学習効果が高く、人はより吸収できる』と脳科学で言われています。そんな意味でもセミナーやマスタークラスはとっても良い機会ですね☘️声楽家さんたちは本当に、骨盤、背骨、首、顎、鼻、骨の位置を細かく整えていらして、すべての声に響きが乗るようにしていらっしゃいます。骨盤、背骨、肩甲骨...

エル・システマ

この夏、「エル・システマ」(音楽教育プログラム組織)をベネズエラで立ち上げたお一人である、素晴らしい先生とお仕事先でたまたま出逢い、その存在を存じ上げました。エル・システマジャパン ホームページはこちら東北の震災をきっかけに立ち上がったその日本支部、そちらのFacebookページも、音楽そのものの存在、子供たちの教育、私が個人的に共感する記事ばかりです。 私の周りの方にもご紹介。( ´ ー ` ) 芸術と社会の距...

No image

一音成仏

音楽は日常を忘れあいまいにさせるのではなく、個人個人の深い気づきを与えてくれると私は感じています。 全て解ってもらえるような1音、全て癒されるような1音、たくさんの行動を起こし始めるような1音、人生が変わるような1音。ஐ  15年前くらいに見た夢の中で、出逢った言葉がありました。「一音成仏」という、尺八の世界の言葉です。ジャンルは違っても、同じだと思いました ⁎ˇ◡ˇ⁎さて、今日はこれからびわ湖ホールで本番...

世界は音でできている

建築と音楽と言えば、「音と形」のおもしろい関係は、過去ブログに。このような高い周波数でなくとも、良い音を聴くと、細胞や血液の流れがこんな風にサラサラと整列してくれるイメージです。 ˇ◡ˇサイマティクスを眺めていると、「音楽」というものの意味と深さが見えてくるようで、不思議な気持ちになります。私たちの体の形も、聴こえない音が満ち続けているから保たれているのかな?・・などなど。。 只今kindleで「138億年の...

クセナキスの周波数

clickリベラルアーツの話題から、パリの音楽祭のプログラムをご紹介して頂きクセナキスに学生以来に触れました。クセナキスの音楽は私はなかなか共感はしないのですが(*¨) それもそのはず、人生が違いすぎて。。。音を聴いていても、なんともやり切れない気持ちになります。でもそれは、今もギリシャ周辺で起こっていることで、ふと様々な昨今のニュースが頭をよぎり、音ととても重なります。 建築と数学を学んだ彼が語られていた...

人は少数派で、残りは微生物。

「ニューヨークの地下鉄の車両内とすべての駅で、綿棒を使って微生物のサンプルを集めて、ラボでゲノム解析を行った。ほぼすべての駅でピザのモッツァレラチーズの細菌が見つかったが、多くの人が恐れているような、身体に害を及ぼす細菌はほとんど見つからなかったという。」チーズの匂いがしなくとも、チーズの細菌はそこにいる。これは、音楽に繋がる気がしてなりません.。:*・♬*ヨーグルトやコーヒーがなくとも、そこに緑や湖が...

西洋の響き or アジアの音

素敵な記事。ˇ◡ˇ ♫ 。*・. *ヨーロッパとアジアの響きの概念については、ピアノ界でも、日本のコンクールはカツカツしたハッキリした音が好まれる傾向にあります。ですのでヨーロッパへ出た時に、審査員が外国人の先生方ばかりだと、日本のアジア的な響きとその奏法では、あちらの人の耳には、潰れた、舞う響きのないペタッとした音に聞こえるのですね。これはバイオリンなどどの楽器にも共通します。そして、留学して皆その耳・音...

No image

声のしくみ

声のしくみ、すごい☘以前、古屋様の講座で、ロシア奏法は掌と上腕、フランスなどの奏法は手首から肘の間の筋肉が特に発達すると、実際の筋肉の図を見せていただいたことがあります。その時、「この子達が毎日頑張ってくれているのかぁ」と、筋肉の姿にしみじみと感動しました。(笑)この動画を見ると、声楽家さん達は私以上に感動するのかな?(o^-^o)  人間の身体は、一応、考えて指令が出て動いているけれど、それも及ばない自動...

第九*大阪バージョン

...

グローバリズムとユニバーサリズム

『敵』である人の隣で、同じ曲を1日練習したとしましょう。終わるころには『敵』という感情はなくなっています。政治には不可能なことが、音楽では可能になるのです。私はまず、相手の言葉をリスペクトすることを求めます。自分の考えと違い、納得できなかったとしても、相手の正当性を否定せず、まずは受け入れなさい、と。 バレンボイムさんのピアノの音、こんな思想がそのまま表れていて、とっても深くて好きです。⁎ˇ◡ˇ⁎  ...

No image

ショパンコンクール

少しだけ、ショパンコンクールのアーカイブ聴けました♪ やっとです。 ファイナルの協奏曲は曲がシンプルなので、まずは小品から大曲まで色々な実力の現れる3次予選から聴きました。 印象に残った、1位と3位のお二人。(2位の方はまだ聴けていません。) ソンジンさんは、まず何よりも、一流の音を持っていらっしゃいました。ある瞬間だけではなく、1つ1つの音の粒全てが美しく艶があり、それらが重なり理想的なバランスの...

土地に流れる水、心に流れる水

今日の合唱の定期練習にも、小さな子どもたちがたくさん参加していました。かわいくて、大人達はみんな目がハートです。(o^^o)子ども達は、東北から母子避難されてきた子たちです。お母さんと一緒に楽しそうに歌っています。合唱ができる場所を探していたお母さんもいらして、子どもを預けなくとも一緒に参加できるのは、本当に良いですね。私もこの機会に知ることができたのですが、西日本へ避難されてきているのは、福島の方だけ...

プーランク * フルートソナタ 第2楽章 Cantilena

美しすぎて、譜読みしていて倒れそうです。色々な音色を自然に出したくなります。ˇ◡ˇヴァイオリンやチェロや二胡で弾いてもまた良さそうで・・YouTubeで探してみましたが見つからず、、弦でも聴いてみたいな~(o^-^o)...

5年前のプログラムが出てきました。 「私達はショパンに恩がある。」  久しぶりに読んで、まだまだ全然、返せていない気がしました。...

No image

スタニスラフ・ネイガウスさま

sound music body heart life soul全てナチュラル。。 全てに共感するので、魂が里帰りするような動画でした ⁎ˇ◡ˇ⁎  お仕事や分野や、国や宗教や年齢・性別、それぞれ違ってもみんな同じ事をしていて。それをしようとしていると、多くの言葉や時間がなくとも、深い信頼で自然に繋がる。とっても嬉しいことです。  (設定ボタンで日本語字幕が出せます。)...

ショパン マズルカの歌曲 ~ポーリーヌ・ヴィアルド

ショパンの編曲歌曲といえば、この様な楽譜もあります。ショパンの友人であり、葬儀でレクイエムを歌ったポーリーヌ・ガルシア・ヴィアルドが、マズルカのop50-1.2.op.24-1.2.などなどを、フランス語歌詞の歌曲へと編曲したものです。こちらはショパンの存命中、ロンドンなどで演奏もされています。この楽譜は、岸本先生のリサイタルの時にたまたまお話させていただいた東京の音楽評論家の谷戸岩基さまが、ポーリーヌ・ヴィアル...

世界の音をきく

卒業制作で作られたというこちらの動画、おもしろかったです。レストランの部分は本当にそうで、友達も音楽家だと、体が小刻みにリズムを取り鼻歌しながら会話している間に完全にBGMの方へ脱線することもよくあります(笑)(そして何事もなかったようにまた会話に戻ります。)歌も、歌詞よりも音や音色がメインで入ってくるため、作曲家によって、歌詞を見なくともその内容が音で伝わるものとそうでないものがあります。(そうでな...
.find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}