flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

サンドラさんマスタークラス&レコーディング準備

今年もサンドラ・シルヴィオさん(ソプラノ)のマスタークラスが月末に。パリにご在住のバロック音楽のスペシャリストさまです。プレイエルの練習でお世話になっているイギリス人さんも、「知ってるよ~♪彼女は向こうで有名だよ」と仰っていました。彼女のオペラもオーストリアで観劇されたことがあるそう。。(さすが古楽器マニアさんっ。。)実は只今、そのイギリス人さんとソロCDのレコーディングの準備をしています。前にプレ...

ベートーヴェンの中の軍神

チャイコフスキーについてお勉強していましたら、この様な記事をお見かけしました。身近な人にはよくお話しているのですが、私は昔からベートーヴェンの低音(オーケストラ作品)を聴くと実は怖いので、、(*^^*)チャイコフスキーの発言に共感するところがありました。 ベートーヴェンについては、ショパンやルノワールなどなども似た様な発言を残していますが、それは、彼の中の「軍神(戦いの神)」が聴こえるかによるのだと感じて...

チャイコフスキー

11/10の二胡のコンサートで、チャイコフスキーの「四季」のトリオ版を演奏します。そのお勉強で色々調べていて、チャイコフスキー自身の言葉に出会いました。『毎日遠くまで散歩をし、森の中で居心地の良い場所を探し、散りゆく葉の香りが混ざった秋の空気、静けさ、秋の色が広がる風景の美しさを存分に堪能するのだ』『氷点下の寒さの中でも、太陽はわずかながらに温めてくれる。木々が真っ白なヴェールをかぶったこの冬の景色は...

音楽アンサンブルで生きる力を~ エル・システマ

先日の西宮ルーテル教会でのコンサートで歌われました「被曝のマリア」の作曲者エリック・コロン先生は、40年ほど前ベネズエラ国立音楽院の学長をされておられ、このエル・システマの創立メンバーであられたそうです。(その時(40代)に、パイロット✈︎の勉強もされ資格を取られたと言うので驚きです(笑)その前はアメリカをリサイタルツアーされるクラシックギタリスト。。天才さんの脳は一体どうなっておられるのでしょう? ( ¨...

パパゲーノの幸福論

『このもっともな質問に、神官たちはろくに答えられない。パパゲーノの幸福に関する価値観は明瞭だ。「彼女ひとりか女房ひとり、おれの欲しいはこれだけさ」自分の価値観を大事にし、組織やその場の空気に支配されず、適度にいいかげんに生きる。正論や正義に対し、彼は常に懐疑的だ。そういう態度を続け、組織の価値観から逸脱し、童子たちの助けを得ながら、自身の幸せを手に入れる。そこに私たちの生き方のヒントがあると思う。...

グリーンフォークコーワ コンサート

昨日は女性合唱グリーンフォークさんのコンサートでした♪いつも丁寧に美しく歌われる合唱団さん。教会の響きも温かく、教会に合った歌い方をゲネプロまで清水先生にしっかりご指導頂き皆さん素晴らしい集中力で素敵なコンサートでした☘️教会では、普通のホールと同じ歌い方・弾き方をすると音の渦になってしまいます。ピリオド奏法は、この様な響きの中でこそ生きて来る。ˇ◡ˇウィーンを中心とするヨーロッパでの音楽のご経験と、ご...

No image

ノーブルで繊細な、美しく調和にみちた場所。

「僕の生きる指針となっている好きな言葉は、信頼、希望、愛です。」「音楽は、純粋な祈りだと思う。音楽を通じて自己を表現しようとする時、直接言葉で表現しなくても、自己の重要な部分を伝えることができる。演奏家だけでなく聴衆も、発信された音楽の美しさと交流することで、浄化され、向上する。音楽の奏でる音は、時として、非日常的な経験や感情を呼び起こし、人はそれを長く記憶したいと願う。その人にとって必ずプラスに...

アナリーゼと演奏表現の結びつき

長文です🌱コレペティの時にどの方にもよくお伝えすることの1つに、和声機能の基本があります。西洋音楽の「暗黙の了解」です☘️どの音がテンションが高く、エネルギーが強いのか、どこを目標に、音楽は進んでいて、それまでにどんな階層がいくつ積み重なっているのか。それらは、1音同士で見る時には和声音と非和声音、和音同士で見る時には和声機能、フレーズで見る時にはゼクエンツや構成から発見することができます。その無数...

自分自身が選んだ心が毎日を作る♪

先日はイギリスの夏季留学から無事帰国した生徒さんの2ヵ月ぶりのレッスン🇬🇧イギリスでの授業の様子は本当に楽しそうでした♪普通の一般科目の授業のほか、「ドラマ」という、お芝居をするような授業もあったそうで、身体で表現したり、声や表情を様々に変えたり、同じ内容を違う表現で何種類か言ってみたりと。プレゼンテーションなど人前で話す時の練習にもなる他、皆で工夫しながら自分達で状況を想定し自分達の考えた言葉で様々...

二胡トリオコンサート

秋のコンサート🍁もう1つのご紹介は京都烏丸へ移りまして、こちらはしっとり大人向けのコンサートです🍂情緒ある京都文化博物館にて行われる二胡奏者杉原圭子さんのリサイタルを、チェロとピアノでサポートさせて頂きます🎻🎹 長年委嘱頂きせっせと作っていました私の編曲作品・作曲作品も、CDではなくコンサートでは初披露?、たくさん演奏されます。 作曲作品は、「五線譜で西洋的な音階を二胡で演奏するための練習曲になる様なも...
.find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}