flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

エルシステマ presents ララソモスコンサート

堺の山本コレクションさん(ピリオドピアノ工房)へ行ったり、京都へ紅葉狩りへ行ったり、親友達と集まったりしてほのぼの過ごしていた先週末でしたが日曜日の夜、コロンえりかさんにお電話頂き、翌日突然代理ピアニストとしてコンサートに出演して参りました💡🏃‍♀️💨 @京都コンサートホールエル・システマpresentsララソモスコンサートです。🇻🇪ベネズエラと日本は国交80周年で、12/1の東京芸術劇場公演まで日本ツアー中でした。🎺東京...

アンサンブル

『ピアニストは一人で音楽がつくれるものだから、それをオーケストラと共演するときにそのまま持ってきてしまうと、つながらなくなるんです。 コンチェルトのときには、もうちょっと大雑把というか、自由がきくけれど自分のやりたいことはやってしまう、という姿勢できてくれるほうが、その場で一緒に音楽を作ることができます。』これはピアニストだけでなく、アンサンブルをする時は皆同じですね。⁎ˇ◡ˇ⁎臨機応変にできるように...

ピアノマニアさんたちの会合。

先日はまた素敵な出逢い。先月のワルシャワでのショパン国際ピリオド楽器コンクールで第2位を受賞されたピアニストの川口成彦さんとお目にかかれました。私がレコーディングプロジェクトで使用させて頂いているイギリス人さんのピアノコレクションを試弾されに遊びに来られたのでした(*ˊᵕˋ*)フォルテピアノのスペシャリストとして現在オランダに在住、ヨーロッパ各国でご活躍中です。his facebook https://www.facebook.com/naruhi...

グリーグピアノ協奏曲

コンチェルトのお仕事、無事終演いたしました。御来場ありがとうございました。指揮の先生や団員さんにもたくさんお世話になり短い期間でしたがとても楽しかったです。応援してくださる皆様、普段支えてくれている友人達にも本当に感謝です。演奏は心も身体も大きな負担はありますが音楽に没入する時間はやはりとても幸せです。これからも私の身体を使って、何か良い音、良いものをお届けできますよう励みたいと思います🌱...

今週日曜日はグリーグ協奏曲

さてさてグリーグ協奏曲、いよいよ今週日曜日となりました。弾きこもり続きで、手がだいぶコンチェルト用になってきました♪昨日もオーケストラの皆さんとリハーサルでした。🎻とても丁寧に合わせて下さって、弾きやすく感謝です。サーティホールは、JR住道駅から徒歩7分、大阪からは30分位で着くそうです。ホールには親子室もあり、前回の定期演奏会は満員だったそうです☘️協奏曲では、ソロや、そして室内楽や伴奏の時とはエネルギ...

譜読みする前に音楽を聴いたらダメ?

先週下書きして公開するのを忘れていました🌱色々なお悩みメッセージ頂きました。前回の「楽譜を読む」の記事の後、音を聴くとお子さんがピアノに走って行ったと言うお声を複数いただきました。良かったです♡(*ˊᵕˋ*)♡ ੈ 以下は私の意見ですが、こちらもあくまで1人の人の意見と経験。鵜呑みにせず、ご自身が感じて検証し、自身の身体に質問し自身にとっての最適を順番に経験してゆくことが、自分の音、自分の言葉を持つために大切...

音楽の中の重力変化

先週のFacebookの記事をこちらにも置いておきます☘️生徒ちゃんにレッスンをしながら、時間(テンポ)のお話になり、音楽の中には、メトロノームとは違う一定ではない時間があって、というお話になり、そして、地球上では時計の時間は一定だけれど、宇宙と地球の時間は違う、というお話になり、、、話しながら、なんだか共通点に、改めておもしろいなと思いました。クラシック音楽は、気持ち・心の重さによって音楽の拍や小節の長さ...

久しぶりに東京へ

@オリンピックセンターホール 昨日は檀さんと奥様由紀子さんと共に東京へ演奏に。*⋆✈︎リスト/愛の夢とオリジナルソング2曲でしたが「ただ歌う」のではなく、音の奥にある愛情を届ける事にいつも懸命なお二人。昨日もトーク中や演奏中に会場の空気が変わるのを感じる集中した演奏となりました。ˇ◡ˇ音楽性は人間性に直結すると感じています。悲しい音、辛い音、信じたい音、信じる音、大切にする音、愛のある音。それらの周波数は、...

No image

「楽譜をよく読む」の落とし穴。

去年下書きで書いたまま公開していなかった記事が上がってきました。長~いですが公開しておきます。☘️ーーーーーーーーークラシック音楽の世界では、「楽譜を忠実に読み込み」ということがよく言われます。それは演奏する時、とてもとても当たり前の行為ですが、ライターさんがピアニストを讃える時にも、どの誌面でも書かれている一文ではないでしょうか。「楽譜を読む」というのは記号だけでなく、速い楽章やオーナメントが8分...
.find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}