flower border

Pianist 早川奈穂子 Official Blog

harmonie des fleurs * ハナのハーモニー

中村哲さま。

本当に残念で悲しいです。いつもコンサートをご一緒させて頂いているテノール檀美知生さんが福岡高校の同窓生であるご縁から、3年前の公演でご一緒させて頂いた中村哲さんは、その穏やかな大きなオーラと違い、とてもとても小柄な方でした。 ナウシカやキリストの姿が重なって見えてくる様であったのは、誰もが思われていたことではないでしょうか。実際アフガニスタンの方々からも”神様”と言われていたそう。。こんなに偉大な方...

英会話

久しぶりにブログに☘️明日は長い間、5~6、7年?通っていたラポール22という英会話教室の最後の日となります。とっても好きなスクールだったので、とてもとてーも寂しいのですが(;_;)フランス語を勉強したくなったので、フランス語と英語両方をしている教室を探すことになりました。思えば数年前、「英語をした方がいい」と何故か思い立って通い始め、それからお仕事でも外国人さん達と共演も何度もあり、英語圏以外の方々とも英語でコ...

打たれ強くなるピアノ

ちょっと変わった(笑)職人さんたち、調律師さん。私はいつも調律師さんとお話しするのがとても好きです♡ そして年々どんどん「打たれ強く」なってゆく現代ピアノ。おもしろいなぁ。どこまでゆくのかな?予選でもフォルテで音が潰れてしまう方もいらっしゃいましたが、調律でも助けられるのですね。それはでも、良いのかどうか??(๑˃̵ᴗ˂̵๑)あまり簡単に「鳴る」ピアノが増えると、演奏者の耳と感覚を鈍感にさせてしまいますね。CF...

古楽器、ショパンの聴いていた音を探して

素晴らしい♡ルネサンスやバロック・古典の後にショパンの音楽は生まれた、その経路・楽器をたどると、1830~40年代のプレイエルの楽器やその楽器で作られた音楽たちに、チェンバロを弾く時の価値観が残っている事をとても感じます。かと言って、そのプレイエルは古典までのピアノとは大きく違い、1860年以降のプレイエル含む近現代のピアノとも大きく違い。ショパンの時代のプレイエルは、その中間の時代の、とても独特な味を持つピ...

マイペースショパン = 唯一のショパン

とても長いですが、素晴らしい記事です。 『「いまでも母と話すと一時的に自信をなくすんですよ」とRさんはつぶやく。でもRさんはいま、母親を憎んではいない。彼女には彼女の事情があったのだと思っている。』 子供たちがここにたどり着くまで、たくさんの時間と他の人との出逢いが必要で。。この方はたどり着けて本当に良かった。大人になっても、親御さんとの間でこびりついてしまった価値観に、それが自分自身のマインドだと...

ママ達の子育て宿題問題

人として演奏家として女性として、とっても素敵なお知り合いのママが、小学2年生(だったかな?)の長男君の宿題で困っていました。いつも何時間もかかってしまう宿題につい怒ってしまい、そして反省し、、と、どのママも経験されているでありましょう事態に。そんな中、学校の先生との面談とその後の彼女の気づきが素晴らしいので、ご紹介を💕以下引用♪  (許可済みです♪)今日は先生と面談が叶い、新たな扉が開きました!先生「2時間...

ジャズ♪ スコット・ハミルトンさんマスタークラス

連休中は変わらずお仕事や生徒さんのレッスンでしたが、夫の友人に誘われて高槻ジャズフェスティバルへも初めて行きました✩.*˚誘われた時にマスタークラスを見つけ、音楽を聴くだけよりもそちらの方が面白そうでそちらへ。・*・:♪スコット・ハミルトンScott Hamiltonさんという、CDも100枚以上リリースされている有名なスターアメリカンサックス奏者さんだそう。ユーチューブにもたくさん。彼の事は私は存じ上げませんでしたが、いわ...

一時帰国集会♪

...

挙式終わりました♪

photo©︎Junji Ito 手続きや引越しでバタバタとする日々ですが、もう先々週となりましたが、お陰様で挙式を無事に終えました☘️私の方の参列者は近郊の親戚で膨れ上がり、あとは「行きたい(。˃ ᵕ ˂ )!✨」と即座に言ってくれた親友さん達のみでお仕事関係の方々や先生方はあちらこちらと膨大になりますので、残念ながら定員の都合で全くお呼びできない状況となりましたがm(__)m彼のサイドはお友達=職場の外国人さんたちでしたのでたく...

フォルテピアノの魅力。

今週は、川口成彦さんのご師匠さんでもあられる小倉貴久子さんが夫の楽器を試弾においでになられました☘️ベルギーのブルージュ国際古楽コンクールで優勝されておられる、フォルテピアノの第一人者です。プレイエルやエラールへたくさんのお話や情報、アドバイスをまっすぐにご誠実に頂けて、本当に感謝でした💕 お昼のいずみホールでのコンサートでは、1820年製のナネッテ・シュトライヒャーでの月光の第1音に心が震え、涙が出まし...
.find_in_page{background-color:#ffff00 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}.findysel{background-color:#ff9632 !important;padding:0px;margin:0px;overflow:visible !important;}